パソコン用語集

OS

コンピュータを動かすための基本のソフトウェア。
Operating System オペレーティング システムの略。
コンピュータ全体を管理、制御し、人が使えるようにする役割があります。

※一度に扱える情報量が多くなっているのが、64bit版です。

※パソコンのOSで代表的なものは、Microsoft社製の「Windows」やApple社製の「Mac OS」があります。基本性能はほぼ同じですが、「Windows」はいろんなメーカーが搭載しているので選べる機種もソフトも豊富で、一般的に会社でも使われていることが多いです。

※「Mac OS」はApple社の「Mac」のみに搭載されています。グラフィックや映像、音楽などのちょっと専門的なことをする人に人気があります。
以前に比べると「Windows」との互換性はよくなっています。
また、同じApple社のiPhoneやiPadとの連携にはとても便利です。

※その他のOS
Unix  Linux  iOS  Android など

※Windows7、8.1については、生産が終了しているので在庫限りか、中古パソコンになるかと思います。

※Windows7のサポートは2020年1月に終了しました。

CPU

Central Processing Unitの略。別名:プロセッサー。

パソコンパーツの中で最も重要で、考えたり計算したりするパソコンの頭脳です。制御と演算を担当しています。パソコンは、CPUがそれぞれの装置を制御することで動作しています。パソコンの制御は、メモリ(主記憶装置)の中にしまっている命令(プログラム)を、CPUが読み込み実行することで行われます。
基本的に、性能が高いほど処理能力が高いので、高性能のCPUを選びたい所ですが、価格も高くなります。また、世代があり、最新の第10世代のCore i5は第3世代のCore i7より性能がいいです。

◆目安
・Intel Core i3
ごく一般的な用途(ネット、DVD鑑賞、ブログ、Twitter、Facebook、ワード、エクセル)

・Intel Core i5
パソコンで少し高度なことをする場合。簡単な画像編集とか動画変換・編集とか

・Intel Core i7
高画質映像を編集したり最近リリースされたオンラインゲーム・3Dゲームなどをする場合

※Intel(インテル)とAMD(エーエムディー)の2大メーカーがあります。
シェアは、Intelのほうが圧倒的に多く搭載されています。
AMDと性能に大きな違いはほぼ無く、値段は比較的安いです。
◎AMDの表記の例
AMD Ryzen5  AMD Ryzen7  AMD Ryzen9

※マイクロソフト社とQualcomm(クアルコム)社が共同開発した「Microsoft SQ1」があります。搭載されているパソコンは、現時点で「Surface Pro X」(2020年1月発売)だけですが、今後はどうなるのか様子見です。

メモリ

一般的にメインメモリのことを言います。
CPUが処理するデータを一時的に移して処理をする場所です。

CPUが処理するためのデータをストレージからメインメモリに移して処理し、またストレージに戻す。続いて次のデータをストレージからメインメモリに移して処理し、ストレージに戻す。。。という作業を繰り返します。
このとき、2Gずつ移して処理するのと16Gずつ移すのとでは、16Gの方が早いですね。

つまり、メモリが大きければ多くのデータを移すことができるので効率よく処理ができます。

ストレージ

HDDやSSDのことで、プログラムやデータを保管、保存をする場所です。
HDDの容量が大きくなるほど多く保存できます。

写真や動画をたくさん保存する場合は大きいほうをおすすめ。
パソコンの起動に高速なSSDとデータの保存に大容量のハードディスクを組み合わせて利用するハイブリットPCというのもあります。

◆SSD(ソリッドステートドライブ)
HDD(ハードディスクドライブ)は磁気ディスクが回転し、磁気ヘッドが移動して、プログラムやデータを読み書きしますが、SSDはフラッシュメモリと同様、メモリチップに読み書きされるので、高速で音も静かです。
省電力、小型・軽量、耐衝撃性などの特徴もありますが、現時点では価格が高く容量も少なめです。
パソコンの起動を早くしたり、普段の作業を高速に行いたい場合におすすめ。

光学ドライブ

パソコンでCDを聞いたりDVDや・Blue-rayを見たり、CD-ROM(例えばイラスト集なんかを収めたDVDみたいなもの)を使うための部品です。
光学ドライブの種類によって使える光ディスクも違ってきます。

普段使っている光ディスク、お持ちのDVDデッキやブルーレイデッキで使える光ディスク等に対応しているかを確認してください。
仕事などで使う可能性があれば、幅広く対応しているものを選んでおくと安心です。

ワープロ、表計算等

◆Office互換ソフト
ご自身だけで使う場合はこちらでもいいと思いますが、お仕事のデータや自治会などのデータの引継ぎや交換に使うにはお勧めできません。

◆Microsoft Office
一般的に幅広く使われています。会社などはこちらがほとんどです。
「Word2013」や「Word2016」のように発売になった西暦がOfficeのバージョンです。

「パソコンを安く買ったけど、MSOfficeが入っていなかった」ということが多々あります。
WordやExcelが必要であれば、価格は少し高くなりますが、最初からOfficeがはいっている(プレインストール版Office)パソコンをおススメします。
あとからパッケージ版Officeをインストールできますが、結局は割高になってしまいます。

※「Premium」がついているのが、最初からはいっているプレインストール版Officeです。インストールされているパソコンに限り、継続してOfficeが使えます。購入後1年間、「Office365サービス」を無料で使うことができる特典があります。(2年目以降もサービスを利用する場合は有料になります。)

※「Office365」は、インターネットを利用した「クラウド型」のOfficeです。月額(年額)がかかります。料金によって使えるOfficeやサービスの内容が違います。

ディスプレイ(モニター)

パソコンの画面を表示する装置です。
「画面サイズ」と「解像度」は違います。
画面が大きいほどたくさんの情報を表示できるのではなく、解像度が高いからたくさんの情報が表示できます。

◆画面サイズ
画面に表示できる部分の対角の長さです。
デスクトップ型のほうが大きい画面にも対応しています。
・11~13インチ(目安:B5)
・14~15インチ(目安:A4)
・17インチ
・20インチ以上

◆解像度
画面のドットの数です。
画面は、細かい点(ドット)で構成されています。このドット数が多いほど、滑らかな表示になります。
・1366×768
・1920×1080(主流)
・4096×2160(4K)

無線通信

 ◆Wi-Fi(ワイファイ)

「Wireless Fidelity」の略。

無線LANの通信規格(IEEE802.11)を使用している機器であることを示すブランド名です。
およそ50m~100m程度の距離で通信ができます。
Wi-Fi対応機器同士であれば、メーカーや製品の違いを気にすることなく通信が可能です。

代表的なWi-Fi対応機器には自宅で使うWi-Fiルーターがあり、これを利用すればWi-Fi対応のノートパソコンやスマートフォン、タブレットをインターネットに接続できます。
最近では、手軽に持ち運べて外出先でも使えるモバイルWi-Fiルーターや、カフェやレストラン、コンビニなどでも無料で使えるWiFiスポットが増えています。

 ◆Bluetooth(ブルートゥース)

無線規格のひとつで、近距離の無線通信の規格です。
およそ数mから10m程度の近距離で通信ができます。
Bluetooth対応機器同士であれば、メーカーや製品の違いを気にすることなく通信が可能です。

たとえば、スマホとイヤホンなどを「ペアリング」と呼ばれる方法を設定して使います。

製品には、キーボード、マウス、スマートフォン、イヤフォンマイクやスピーカーなどがあります。
線がないので、ジョギングやスノボをしながら、音楽を聴くのにわずらわしくないです。
スマホを車と接続してハンズフリー通話にも使用されています。

 

スペックの低いパソコンをWindows10にアップグレードするのはちょっと待って!

前回は、Windows7延長サポート終了によるインターネット接続の危険性をお伝えしました。

≫『本日、Windows7延長サポート終了!』

今回は、スペックの低いパソコンをWindows10にアップグレードするときの注意点についてお話しします。

まず、アップグレードする前に必ず確認すること

1. お持ちのパソコンが、最低限Windows10を動かすことができるスペックがあるかどうか

ですが。。。ちょっと待って!

マイクロソフト社が「Windows10のシステム要件」を公開しています。
これを満たしているからといってアップグレードするととんでもないことに!!

「Windows10のシステム要件」の数値は、あくまでも最低基準の数値です。サクサク動くかどうかの基準ではないんです!!

◆ Windows10のシステム要件

 

・プロセッサ(CPU)・・・1 Ghz以上のCPU
・RAM(メモリ)・・・32 bit版:1 GB/64 bit版:2 GB
・ハードディスクの空き容量・・・32 bit版:16 GB/64 bit版:20 GB
・グラフィックカード・・・DirectX 9以上およびWDDM 1.0ドライバ
・ディスプレイ・・・解像度 800 × 600

 

参照「Microsoftサポート」
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4028142/windows-10-system-requirements

このシステム要件と同じ数値のパソコンにWindows10を入れたとしたら。。。
・パソコンの起動にとんでもなく時間がかかる
・動作が非常に遅い、
何より、どうにかパソコンが起動したとしても、アプリを入れて使えなければ意味がありません。
※ あくまでパソコンの動作です。タブレットやモバイルは含みません。

快適にパソコンを使うための最低システム要件は。。。

・64 bit版のWindows7、Windows8/8.1
・プロセッサ(CPU)・・・2 Ghz以上のCPU
・RAM(メモリ)・・・4 GB 以上
・HDD(SSD)・・・120 GB 以上で常に空き容量が 20 GBが確保できる状態
・グラフィックカード・・・DirectX 12またはiGPU
・ディスプレイ・・・解像度 1,366 × 786 以上

メモリについては、快適に動作させる容量は、
・64 bit版:4 GB以上
を推奨していますが、それでも実際は厳しい状況かも。

おススメは、8GB。
可能であれば、16GBでもいいくらいです。

また、32 bit版はメモリ容量の最大が4 GBまでしか認識しないため、「快適な動作」とはいかないかもしれません。

2. プリンタなど周辺機器も含め、メーカーがその機種でWindows10を使うことをサポートしているかどうか、Windows10のドライバーが提供されているかどうか

次に「アップグレードが可能」であれば

万一に備えてパソコンのバックアップを必ず取ってから、手順に従ってアップグレードを行います。
完了後は、データを入れたり、Wi-Fiと接続したりといろいろ設定してパソコンを使える状態にします。

という感じで、かなりの手間と時間がかかります。

リスクは覚悟の上で

アップグレードしたことで、これまで使っていたアプリが一部動作しなくなったり、最悪の場合、パソコンそのものが動かなくなるなどの不具合が発生する可能性があります。
「OS」の入れ替えは、成功すればコストが抑えられます。
ですが、アップグレードした結果、パソコンを買い替えるってことになれば、かえって出費がかさむことも。。。

☆彡☆彡

無償アップグレードもまだ継続されているようですが、それには条件があります。

・Windows7、Windows8/8.1のみ対象

・以前(2015年7月29日から2016年7月29日の間に実施されていた無料アップグレード期間)に一度、Windows10にアップグレードされたパソコンが対象

一度もアップグレードしたことがないパソコンは、Windowsのライセンスを購入する必要があります。

また、WindowsXPやVistaに関しては、Windows10の動作環境のスペックがあれば有償でWindows10にアップグレードは可能なようですが、起動時間やデータを処理する時間がかなりかかると思います。
できれば買い替えをおススメします。

☆彡☆彡

いずれにしても手間と時間がかかり、リスクも覚悟の上でのアップグレードになりそうです。
結局、有償サポートに依頼するとなるとそれなりの料金がかかってしまいます。

さらにインターネットなどの情報量がどんどん増えていく一方、パソコンの処理能力が古いままではパソコンの動作も遅くなります。

また、長年使っているとパーツも劣化してトラブルの原因にもなります。
新しくパソコンの買い替えを検討するのも一つの方法かもしれませんよ。

本日、Windows7延長サポート終了!

本日、ついにWindows7の延長サポートが終了します。

サポート終了後は、Windows7のシステムの不具合やウィルス攻撃に対して、マイクロソフト社からの更新プログラムの提供がなくなります。
また、Windows7に対するすべてのサービスも終了となります。

それが何を意味しているかというと。。。

セキュリティ更新プログラムが提供されないということは、日々進化しているウィルスに対応できず、インターネット経由で感染しやすくなったり、さらには個人情報の漏洩なんてことになりかねません。

そのままインターネットにつなげて使い続けると
危険がいっぱいです!

では、全く使えなくなるのかっていうとそうでもありません。
インターネットに接続しなければ使うことは可能です。

例えば、写真やファイルの保管用とか、DVD鑑賞用とかに使用できます。

Officeに関しては、「Office365」はインターネット接続が必要ですが、パソコンにインストールされているワードやエクセルなどは使うことができます。
ですが、マイクロソフト社製アプリケーションソフトも順次、拡張機能の更新がなくなります。
Office2010の延長サポート終了:2020年10月13日予定

インターネットに接続しなければ、パソコンの中の情報が外部へ流出することを防げます。
また、外部からの攻撃もされないので犯罪に巻き込まれることも防げます。

ただし、他のパソコンにつないだことのあるUSBメモリなどからウィルスに感染して自分のパソコンが壊れることがあるので100%安全ではありません。

とはいえ、Windows7のまま、いつまでも使い続けることは難しいです。
Windows8.1も、2023年1月10日(予定)に延長サポート終了が決まっています。
どこかのタイミングでWindows10にアップグレードすることをお勧めします。

新春応援キャンペーン実施中♪

ぽっぽ先生
ぽっぽ先生
明けましておめでとうございます
皆さまにとって素敵な一年になりますように♪
本年もよろしくお願いします

1月末まで
『新春応援キャンペーン』実施中です!

はじめての方でも大丈夫!
電源の入れ方からレッスンします。

「こんなこと聞くの、恥ずかしい…」
「何度も同じことを質問しづらい」
ご安心ください。
マンツーマンレッスンだから、他の人を気にせず、
あなたのペースで一緒にレッスンしましょう♪

「普段使っているけれど、イマイチ自信が無い」って方も
わからないところだけレッスンできます。

≫詳しくはこちら
『新春応援キャンペーン』

「令和」最初のお正月。
気持ちも新たにパソコンにチャレンジしてみよう!
そんなあなたを応援します♪

「まちゼミ」ご参加ありがとうございました♪

先日、「第5回まちゼミin京田辺」が無事、終了しました。
お礼とご報告が遅くなり申し訳ありません💦

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました😄💖
楽しんでいただけましたでしょうか?
ぜひ、ご活用いただけたらうれしいです!

☆彡☆彡
皆さまの作品をご紹介します。

親子でご参加。
ねこ大好きっコちゃん、肉球にひとめぼれ
かわいいのができました(#^^#)
ワードで作るデザイン熨斗01

女子力アップ間違いなしです!(*^^)v

ぜひ、ポチ袋も作ってみてくださいね(*^^*)
ワードで作るデザイン熨斗03

いつものポチ袋もかわいく変身しますよ✨
ワードで作るデザイン熨斗04

母娘でご参加。
お母さんは、シブい感じのデザイン(*^^*)
娘さんは、カワイイ感じにできました(^^♪
ワードで作るデザイン熨斗05

いかがですか?
ワードってお仕事で使うイメージですが、
いろんな事ができて楽しいですよ🎵

ぜひ、教室に遊びに来てくださいね(*^^*)

第5回 まちゼミに参加♪

まちゼミ デザイン熨斗

まちゼミ in きょうたなべ
ワードで作る
デザイン熨斗

ポチ袋をグレードアップ!
もらって嬉しいかわいい「のし」をデザインしてみませんか?

まちゼミ デザイン熨斗

 

参加費は無料です。
どなたでもご参加いただけます。(初心者さんOK!)

肉球黄緑 ゼミ内容 肉球黄緑

「ワードはお仕事だけ」って思っていませんか?
実は、ワードってこんなかわいい雑貨も作れるんです。
肉球柄の熨斗なんてどこ探しても売ってないでしょ♪♪
はじめての方でも大丈夫!1時間でできますよ(*^^)v

肉球ピンク 開催期間

9月 3日(火)13:30~14:30
9月 7日(土)13:30~14:30
9月 13日(金)13:30~14:30
9月 20日(金)13:30~14:30
9月 27日(金)13:30~14:30

肉球ピンク 定 員

各日 1~2名

肉球ピンク 持ち物

なし。
パソコンお持込み可能です。
教室パソコンもご用意しています。
データをお持ち帰りの方は、USBメモリをご持参ください。

ワイワイしながら、一緒に楽しんで作りましょう!

皆さまのご参加、お待ちしています(^^♪

★ 参加費無料!!★

肉球黄緑 ご予約・お問合せは、、、肉球黄緑

パソコンやスマホからはこちら!(24時間受付)

https://poppothecat.com/inquiry/
※「まちゼミ申込」とご明記ください。

お電話は下記まで!

パソコン教室ぽっぽ・ザ・キャット
TEL : 090-5011-5847
受付時間:火・金・土 13:00~19:00

雑貨ショップTinyTimyでもご予約受付中♪
TEL : 0774-63-5669
営業時間:13:00~20:00(木曜定休)

 

≫ パソコン教室 Poppo the Cat アクセス

≫ 第5回まちゼミinきょうたなべ

パソコンを新しく買いたい!どれを買えば…? その1「スペック」とは?

こんにちは。

突然ですが、パソコンを買いに電気屋さんに行ったものの、
たくさん並んでいてどれがいいのかわからないってことありませんか?

値段もまちまちで、値段の横には英語とカタカナが羅列している「スペック」なるものが書いてあって。。。

そもそも「スペック」って何なん?!って感じですよね。
今回はそこのところを少しお話しします。

まず、「スペック」とは、「性能」や「仕様」のことで、
パソコンでいうと
・OS:Windows10
・CPU:Intel Core i7
・メモリ:4GB
・ストレージ:HDD約1TB
・ブルーレイディスクドライブ(BDドライブ)
・Office:Microsoft Office Home and Premium
などなど…
これらの項目が「スペック」になります。

性能が高ければ高いほど、値段も高くなるのですが、
果たして「パソコンすべての性能を使いこなす」ところまでいくでしょうか?

専門職でない限り、たいていは「お仕事で使うよ」とおっしゃる方も
WordやExcelだったり、Webメールでやりとりをしたりと、
こんな感じではないでしょうか?

反対に、安すぎるパソコンは、MicrosoftのWordを使うのに入っていない!
あとからパソコンに入れたら結局、割高になった。。。
なんてこともあります。

また、流行りの薄型パソコンを買ったけど、DVDが見れない!

などなど、パソコンを使う目的によって必要な性能はそれぞれです。

この「スペック」の見方や意味を少し知っていると
電気屋さんに行っても値段の横に書いてある英語とカタカナを見て
パソコン選びの参考にすることができます。

次回は、「スペック」の主な項目のお話をしたいと思います。

━ *☆* ━

「パソコンの困った」相談、受付中!
詳しくはこちら
https://poppothecat.com/consulting/?ad02

LINE公式アカウント | クーポンを作成/お礼メッセージに添付する方法

LINE公式アカウントを公開しました♪

お友だち追加していただいた方に
レッスンで使える500円クーポンをプレゼントしてます。

で、そのクーポンの作成方法をネットで検索したところ
LINE@のクーポン作成方法は山ほどあったのですが、
LINE公式アカウントに統一されてからのマニュアルがイマイチ無くて。。。
ちょっと大変でした(;^_^A

なので、私自身の備忘録としてメモっておこうと思います。
同じ思いをしている皆さんの参考になればと思います。

ちょこっとだけLINE公式アカウントとは?

店舗ビジネス向けにLINEが無料で提供するアカウントです。
以前は、「LINE@」と「LINE公式アカウント」がありましたが、
2019年4月「LINE公式アカウント」にサービス統合されました。

詳しくはこちら↓に掲載されています。

LINE公式アカウントの作り方|登録から初期設定のステップを解説!
https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190418-3?list=510

LINE公式アカウントでクーポンを作成してお礼メッセージに添付する方法

1. ビジネスIDを作ったら管理画面にログインします。

2. 管理画面左のメニューから「クーポン」をクリックしてクーポン一覧画面を開きます。

①【ホーム】タブ〈クーポン〉を選択するとクーポン一覧画面が開きます。

②新規クーポンを作成するには、画面右上の『作成』をクリック。

③作成済みのクーポンを編集する場合は、クーポン名から選択。

3. クーポンの内容を設定します。
※ 項目がいろいろあるので、前半と後半に分けて説明します。

前半部分

①クーポン名:クーポンの名前

②有効期間:開始日時と終了日時を設定

日付をクリックするとカレンダーが表示されるので選択

時間をクリックすると時間が表示されるので選択

③写真:クーポンの画像

縦長や横長の画像は、正方形にカットされます。

④利用ガイド:クーポンの使用方法や注意事項などを記載します。

後半部分

⑤抽選:使用しないかするかの選択
使用するにした場合は、抽選の設定をします。

⑥公開範囲

・全体公開

クーポンを受け取った人は、LINEのチャットやタイムライン、URLを使ってLINE以外にもシェアできます。

 

・友だちのみ

友だち登録してくれた人だけクーポンを使うことができます。
クーポンを友だち限定で配信することができます。

・友だちのみ(シェア)
友だち登録してくれた人だけにクーポンを配信することができます。
クーポンを受け取った友だちは、その友だちにLINEでシェアできます。

⑦使用可能回数:クーポンの使用回数

⑧クーポンコード:コードを表示するかしないかの選択
「表示する」にした場合は、任意の16文字までのコードを設定します。
クーポンを受け取った人は、そのコードを入力しないとクーポンを使うことができません。

⑨クーポンタイプ:クーポンの種類

4. 『保存』をクリックすると「クーポンをシェア」画面が表示されます。
※「クーポンをシェア」画面を閉じてしまった場合、クーポンは保存されます。クーポン一覧の右端『・・・』をクリック、『シェア』を選択すると、あとから設定することができます。

友だち登録してくれた方のお礼メッセージにクーポンを添付します。

①「友だち追加クーポンに設定」を選択

②「あいさつメッセージ」画面に移動するので、『+追加』をクリックします。

③メッセージ枠が追加されるので、クーポンアイコンをクリックします。

④「クーポンを選択」をクリックします。

⑤添付したいクーポンの右横の『選択』をクリックします。

⑥メッセージボックスにクーポンが表示されたら『変更を保存』をクリックします。

⑦確認画面が表示されるので『保存』をクリックします。

この設定は

以上で友だち追加してくれた方にお礼メッセージとともに、お礼クーポンを配信することができます。
実際の画面はこんな感じです。

友だち登録ありがとうメッセージの下にクーポンが表示されます。

『今すぐ確認』をクリックすると

詳細クーポンが表示されます。

スタッフさんが『使用する』ボタン押してください。
表示が『このクーポンはすでに使用済です』に変わります。
(使用回数「1回のみ」に設定時)

いかがでしたか?
順番に読み進めていけばそんなに難しい作業はないのですが、
ちょっとしたところで「んっ?!」と思うところが多々あったのでしたためてみました。お役に立てればと思います。

「メッセージとして配信」「キーワード応答に設定」については、またの機会に!

エクスプローラーの左側

エクスプローラー

こんにちは。

近頃、晴れると暑かったり、雨が降ると寒かったり、気温がころころ変わるので服装に困りますね。
これからムシムシジメジメの季節になります。体調に気をつけてくださいね。

さて、今回は、保存したWordやExcelのファイルを開くとき、「エクスプローラー」を開きますよね?
その「エクスプローラー」の左側についてのお話しです。

「エクスプローラー」とは、保存したファイルを開いたり、アプリケーションを起動したりするときに開くウィンドウのことで、Windows上のファイルをわかりやすく管理するためのプログラムのことです。
正式には『Windows Explorer(ウィンドウズエクスプローラー)』といいます。

また、パソコン全体のドライブ、フォルダの階層と、選択したフォルダの階層を同時に表示することができるので、フォルダの作成、フォルダ・ファイルの名前の変更やコピー、移動ができ、ファイルの整理なんかにとても便利です。

その「エクスプローラー」の左側をなんていうかご存知ですか?

『ナビゲーションウィンドウ』っていいます。

ここには、パソコンに接続されているドライブや、そこに収納されているフォルダ、メディアが表示されます。いわゆる『保存する(保存した)場所』です。

ナビゲーションウィンドウでドライブやフォルダを選択すると、その内容が右側のウィンドウに表示されます。
ちなみに右側のlウィンドウのことを「ファイル一覧」といいます。

『令和』スタート!にゃー=^_^=

久しぶりだにゃ~

今日から『令和』スタートだにゃ

そうそう、平成30年9月に妹分ができたにゃ♪
名前は「りの」
パパさんが阪神高速で保護した奇跡のコにゃ

来た時の りの にゃ=^_^=

僕ももうすぐ2歳

りのと一緒に2つの時代を駆け抜けるにゃ~~!!